起業して11年

気が付けば、税務署に開業届(個人事業主)を出してからもう11年がたちました。
本来なら、「11年」って継続してるぞーみたいな感覚があって然りだと思うのですが、なぜか、あ、そういえば11年もたっているのか、なんて感じです。というのも、たぶんいろいろ突っ走ってきたものの、途中でお仕事を休憩(みたいなの)をしていたこともあったし、本来のハーブを広めていく仕事、というのに専念できていない、現実、今があるからかもしれません。


↑2003年ころから作っていたお店のコンセプトマップ

周りからみると、「お店をもった」=「夢実現」なのかもしれませんが、11年もたって未だに一つの仕事にしぼって集中できていないですし、だらだらとやってきた感もある。でも別方向から見て見ると、案外バランスよくやってきたのかもしれませんね。そこはあまり否定的にとっていません。

女性は特に起業して成功することって、子育てや家事、母であり妻であり、女性であるという役割から難しいことと思います。でも現代は情報がすぐ手に取れる(多少の偏りはあるものの)時代で、コミュニケーション、人とつながる手段が充実していて、そういう意味では起業しやすくなっているし成功への道のりもそう遠くはないと思います。後は、「やる気」の問題だけの人も多いのではないかなー。私を含めて。

色々な起業家の方たちとお話ししていると、モノコトのサービスが膨らんで「へぇ~そういうのもビジネスなんだ」という驚きが最近とっても多いです。歳を重ねるとそういう情報に疎くなるので、積極的に人のビジネスにはアンテナをたてているのですが、正直「もう何でもアリだなぁ」(いい意味で)と思うことも多いです。だっていろんな人に起業するチャンスが多いってことですものね。

で、自分の立ち位置に戻ってみると、私はいったい何を目指しているんだろうかと考えると、そこには必ず自分の体験・経験が軸にあって、「人が健やかに生きる」本質にむかってそのサポートができたら、というのがあると気が付きました。

私たちをとりまく「社会」「環境」が、秒ごとに変わってきている今の時代で、それについていけない弱者(というと語弊もありますが例えばお年寄り・・・)たちもいて、そういう世の中についていける人といけない人の差が激しくなってきています。高齢化社会というのも一つの理由もありますし、なんていうかグループやコミュニティーカラーが強く「集団の世の中」になりすぎていて、「個」というものにフォーカスしにくくなっていると感じます。

これからの時代は、私はこの「個」にフォーカスすることを最も大事な視点だと思っていて、ハーブを通して「らしさ」を追求してその人の本来生きやすいスタイルをどんどん提案していきたいなあと思います。

すでに何人かの人にはお話しいていますが、ハーブを通して「らしさ」を知り、活用して、共有していく、そういったコンセプトで、まだタイトルは決まってないのですが(たぶんハーバル、なんとか・・・笑)を今秋から新しいサービスを開始したいと思います。(ってそんな大袈裟なものではありません。(^_^;)

またお客様からずっとご提案いただいていた「人」「健康」「自然・植物」「心」「身体」「食べもの」などについて、ざっくばらんにお話しする会「座談会&お茶会」を近々実施したいと思います。新規のお客様もこの機会にぜひお顔を出していただければ嬉しいです。



スポンサードリンク

この記事をシェアTweet about this on Twitter0Share on Facebook113Pin on Pinterest0Share on Google+0

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.