20120521 ホルモンは脳から

嫌なことがあったり、イライラしたりすると
ストレスでホルモンバランスが崩れたりすること、ありますよね。
お肌が荒れたり、関節が痛んだり、腰や背中が痛んだり、
免疫が落ちたり、体温の維持ができなかったり・・・。
女性は特に原因がはっきり分からない、不定愁訴が40代くらいから
始まることは皆さん御存知かと思います。
そういう悩みってたくさんあちこちで聞くのだけど
他人は変わってあげられないし、ストレスをためない方法なんて
人それぞれで、同じじゃないんですよね。
だから一概に「こうやればいい」という方法はないのかなと
思っています。
最近、どうしたらいいんだろう、って
自分でも本当にストレスが続いてどうしようもないとき
やっぱりハーブやアロマは助かるなーと思っています。
それでね、なぜなのかなと考えてみたのですが
どうも、私は昔ハーブやアロマの仕事をしているとき
ものすごく楽しかった思い出があるのですね。
もしかすると、香りがその記憶を呼び覚まして、その気持ちを
思い起こしているのかもしれないと思っています。
香りは記憶とつながる部分があって、
だとしたら、心地いいなという日があったときに
なるべく自分の好きなアロマを嗅いでおくようにしています。
あとはイメージングなんかも。
楽しくて嬉しくて笑い転げた日や状況を思い出して
少しでもその嫌な空間から脱出するようにしています。
トレーニングのようかもしれませんが、自分が楽な状態にもっていく
それはそれでとても大事なストレス解消法かなと思います。
私の場合は、好きなインテリアショップで買い物しているときと
大好きな本をもってカフェで一人お茶している時間を思い浮かべる。
そうやって、空想の中で心地いい時間へいくと
少しは今の状態から抜け出せるようになります。
ちょっと脳トレみたいですけど
ホルモンバランスを整えるのも、やはり脳の訓練が必要かもですね。



スポンサードリンク

この記事をシェアTweet about this on Twitter
Twitter
0Share on Facebook
Facebook
150Pin on Pinterest
Pinterest
0Share on Google+
Google+
0


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.