20110420 脳天に響く本

最近、面白い本を読んでいます。
とっても刺激のある本なのですが、その本に出会ったとき
私はかなーり心身ともに疲れていて、自分が人生のどん底にいるような
そんなときでした。
そういう時にある人の日記からあるサイトへリンクして、
そのままこの本に出会ってしまったのですが、時というのは怖いもので
その本は数年前にある友人が紹介してくれた本でした。
当時は全然響かなかったその本も、自分が出会うべきときに
ちゃんと響いてくるものなんだと納得してしまいました。
2005年から葉の園がスタートして自分がどういうスタイルで
何をどうしていきたいか、なかなか見えなかったのですが
その後出会ったパートナーからもいろいろな刺激をうけて
やっと方向性が定まってきたように思います。
でもそれは迷っていたことに対して決定したのではなく
「逃げる」選択から「進む」選択にしただけなのかもしれないです。
人は本当にやりたいことがあったときは
どんなことも苦にならない、本当にやりたいことなら
それを目指していくべきなんですよね。
そんなことを教えてくれる本でした。
今、「自己覚知」を深く学んでいます。
自分を知ることは今後の仕事の大きなテーマになりそうなんです。
自分を知ることで初めて人をサポートしていけるのだと思います。
今、大学3年生です。
この歳でレポート書いたりスクーリングに出たり、主婦業と仕事と
とても忙しい毎日ですが、国家資格目指して頑張っています。
本当に卒業できるか不明です。途中でやめちゃうかもしれないけど
それでもひとつひとつが今後の葉の園の事業にとても大切なんです。
だからとりあえず進んでいきます。
何か目指そうと考えてた人
何かをやりたいけどどうしようと思っていた人
本当はこれが好きなんだけどどうしても踏み出せなかった人
今、一瞬から自分を変えて始めましょう。
人は今から変えられるらしいです。



スポンサードリンク

この記事をシェアTweet about this on Twitter0Share on Facebook142Pin on Pinterest0Share on Google+0


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.