20090530 子供とともに-作業

最近、姉が残業が多いので
甥っ子の夜ごはん、お風呂などをともにしています。
甥っ子は自分の寂しさをうまく表現できないタイプなのですが
あれ、相当寂しいんではないかと思ってます。
先日、姉の帰りを待つ間に、ソラマメの皮をむく作業を
一緒にやりました。
奈良から送られてきた箱いっぱいのソラマメを
新聞紙を広げて、そこにいっぱい置いて
ひとつひとつ、「これは大きいね~」「これはキレイだね~」とか
2人でいろいろ品評しながら、自然の素材を素手でさわり、その
エネルギーを感じながら作業しました。
soramame
私は残念ながら、わが子にはご縁がなく
子育ての本当の素晴らしさや大変さを知る機会がないのですが
子供ってやっぱり「一緒に作業」することって
すごく大事だなーと思います。
ひとつの作業に大人と子供が互いの価値観をもって
いろんな意見や問いかけ、そして答えがあって
そういうことって、日々生活の中でいろいろあるのでしょうけれど
親が子供に「何か与えて」いるわけでもなく
子供が親から「何かしてもらって」いるわけでもなく
共同作業という意味で、これもいい教育のひとつだなって感じます。
そらまめ
この作業の中で
皮のむき方がいろいろあること
そらまめの豆の数がいろいろあること
そらまめの皮の内側にはふさふさの毛があること
そらまめがみずみずしいこと
豆が成長してないものがあること
そらまめの匂い
そらまめの色
そらまめの大きさ
皮をむき終えたときの豆の重さ
この経験を通してたくさんのことを知って
またひとつ大人になったねぇと心の中で褒めてあげました。
本当はこれお母さんと一緒だと
もっと楽しいね。
でも機会があればまたやろうね。

この記事をシェアTweet about this on Twitter
Twitter
0Share on Facebook
Facebook
150Pin on Pinterest
Pinterest
0Share on Google+
Google+
0


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.