レスキューの旅

今日は実家の両親がともにダウンしているということで、急きょ実家へ。
突然お店をお休みにしてしまいまして誠に申し訳ありませんでした。そしてご理解いただきましたお客様には感謝を申し上げます。ありがとうございました。

父は葉の園のエッセンシャルオイルの初心者でありますが、お客様です。
使い始めて、もう一瓶使い切り、手元になくてずっと次の入荷を心待ちにしていました。

去年の夏にお店で取り扱う商品はどんなものがあるかなど、話をしていたのですが当初、男性で70歳を超えていて、全く興味がなかった父。香りの効用をうまく説明できなかった私。
それが数か月前、私がエッセンシャルオイルをいつも持ち歩いていてちょっと使ってみせたところ、興味がわいたのか、今、喉が痛いから試してみたいということで、まずは初心者としての活用方法を伝授して、サンプルを渡してみました。

それから、1か月後、もうなくなったよ、と連絡が入り、何とか毎日使っているようで、その効果についてはまだうんともすんとも言いませんが、たぶん娘の営業協力なんだろうと想像していますが、使い続けてくれるそうです。

今日は風邪で熱が38度あるというので、風邪によいとされるオイルを一通りもっていって、簡単に特性と使い方を説明して、今日はきっと部屋中が香りで包まれていると思います。使い続けているということは、言葉ではっきり言いませんが、たぶん本人も実感しているんだと思います。

image

親子だからというわけではないのですが、父も私もアレルギーもちで互いに鼻、のど、気管支と呼吸器系が弱いので、同じオイルを使っているのですが、使い方はそれぞれで良いと思います。
とりあえず使えそうなオイル2本をおいて様子を見てね、とかえってきたのですが、帰り道ふっとこんなことを考えました。

エッセンシャルオイルの良さって、植物の成分で人間(動物)異種に対しての反応なんだなと、そして薬とは違って穏やかに効いて、副作用がなく、というのはよくある特徴だと思うのですが、本来はその人にあった使い方が出来て、その人の症状にあった形で効いてくれるからいいのだなと思いました。

父が何ども、これは一日何回つけるの?とか、1回の量はどのくらい?とか聞いてきて、それでふと思ったんです。
自分がちょっと今日はきついな、と思えばその都度使ってみて、それが日に2回でも3回でも5回でもいいんだよ、と。ただ量は最初は少し、でも慣れてきたら増やしてもOK、とかそういう感じです。つまり人によってその日その日の体調にあわせて、体調が良い日は使わなくてもOKといった、薬とは違う使い方で良いんですね。しかも人間の自然治癒力を引き出してくれる、それが一番の良いところなんだなーと、当たり前なのかもしれないけど確信しました。

そういえば今日は私はオイルを1回しか使ってないなぁ。。だって今日は喉が調子いいから。でもそう!薬じゃないから決まりはなくそれでOKなんです。
そして明日起きてみて、やっぱり今日はあまりよくないなと思えば、使えばいい。そうやって家庭のというより自分の薬箱としてずっと毎日そばに置いておける良さが本来のエッセンシャルオイルの良さなんだと思いました。

大事なのは、自分の体調をちゃんと知ること。わかること。そして自分のためのケアを自分でできること。自分を愛してあげてほしい。

そういうことなんですね。

ということでお問い合わせいただいている「植物の薬箱」と「ハーブブレンド講座」2月も実施したいと思います。
2月の第3木曜日、第4木曜日を予定しています。
決定したらホームページの「ワークショップ」と「News」のところでお知らせいたしますね。もう少しお待ちください。



スポンサードリンク

この記事をシェアTweet about this on Twitter0Share on Facebook0Pin on Pinterest0Share on Google+0


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.