活用と消費

最近、ちょっと体調崩しててハーブティーとかアロマとか随分お世話になりました。
少しだけど勉強したことを、自分や家族の体調管理にいかせるのは嬉しいです。
アロマやハーブは医薬品ではないので、いわゆるエビデンスは乏しいのかもしれませんが、私は私の方法で私にあった形で結果をだしていきたいと思っています。

最近はグレードの高いアロマも多く、薬のかわりにもなりうる存在になってきましたね。
そのアロマを使っていろいろ試してみると、本当に効果てきめんなんですね。驚きです。薬って一体何だろうと。

image

私たちはいつのまにか、薬は病気をなおすもの、いや病気をなおすのは「薬」という概念をうえつけられていたのだなぁと。

薬が一番で食べものやアロマやハーブは2番?何だかその思考が崩れてきました。
だけどね、確かにアロマやハーブ、使い方によって、あるいは人によって、効くんですね。そこにあったからとにかく助かった。でもあくまでも私にとっては、「活用」なんですね。

たくさん使って「消費」するものではないんです。だってグレードが高いものはお値段も高い。いつもそばにあればそれは安心だけど、植物のエキス、とっても大切なものですよね。

で、ふと思ったのは今、手元にあってなかなかなくならない、そういうものをどんどん使わなきゃという意識になって消費していく傾向がちょっと悲しいなぁと思って。

あれにもこれにも使えます的な?

えー、ちょっと違うって思ったんです。

私は貴重な植物のエキスだから、大切に身体をなおすためだけに、大切に活用してほしいと思います。

だから毎月そんなに買わなくても良いですよね?今ならもう一本差し上げます、今ならこれとこれもつけちゃいます、いくら以上だとポイントつくからとか、毎月何か買わなくちゃみたいなのは、私はしないかな。

でも最近手にする製品は、みな品質は確かなものが多いと思います。
いろいろ使って試していきたいとも思います。
効果があったら多くの人にシェアしたいと思います。

皆んな、元気で健康で幸せになってほしいから。です。



スポンサードリンク

この記事をシェアTweet about this on Twitter0Share on Facebook144Pin on Pinterest0Share on Google+0


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.