20131016 歌にこめられたもの

やなせたかしさんのご冥福をお祈りいたします。
わたしはあの歌詞がとても好きでした。
ひとつひとつの言葉の意味に込められた思い。
考えるととても深く胸につきささる思いです。
「今を生きることで 熱いこころ燃える」
「なにが君のしあわせ なにをしてよろこぶ」
言葉そのものは子供向けなのかもしれないけど、これはきっと
大人にむけてでもあるよね。
自分は何を分かち合うことで喜びや幸せを感じるのか、
それが分かること、知ること、実行していくことが
生きることでしょ。
っていう意味だと思っています。
自己犠牲って言葉自体はあまり好きじゃないけど
多くの人がこれができたら、きっと世界は幸せになるよね。きっと。
一番身近なところでは親子だったり、家族だったりから
伝えられると思う。伝えられたら伝えていこうよ、自分も。
みな、苦しみや悲しみがあって喜びや幸せがあるんだよって
苦しみや悲しみなくして、「生きる」ってことはできないんだよって
重みがある言葉だなぁ。



スポンサードリンク

この記事をシェアTweet about this on Twitter
Twitter
0Share on Facebook
Facebook
150Pin on Pinterest
Pinterest
0Share on Google+
Google+
0


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.