20051214 学名あなどれぬ・・・

Information
—————————————————-
ハーブ療法のモニター募集については後日発表します。
募集の際はこのブログもしくはHanoenのホームページ上で
告知しますので、それまではご予約できません。
今、暫くお待ち下さいますよう、宜しくお願い致します。
—————————————————-
さて、今日の日記は
「植物の学名について」です。
自然療法勉強会で様々なことを学んでいくなかでいつしか学名の話が
出たことがあるんですね。
実は学名が苦手です。^_^; だってアレ読めないっすよねーー。
それで一度はチャレンジしたのだけど、途中で暗記は断念。
学名には品質を分別する手段のほかに大きな意味があるのをご存知ですか?
勉強会のスタッフから私は学んだのですが、
実はとても意味があって、大切なことだったりします。
またメディカルハーブを学ぶうえでもとても重要だと思いました。
例えば、
○アンジェリカ(Angelica archangelica )のAngelicaは”エンジェル”
=癒し、女性特有の疾病・疾患からと言われているそうです。
アンジェリカは婦人科系の種々の症状に用いられますね。
○ウィッチヘーゼル(Hamamelis viejiniana)のHamamelisで、
別名のハマメリスがついたとも言われています。
○オレンジフワラーの(Citrus anrantium)のCitrusはいわゆるシトラス”香り”のこと。
この香りが芳香療法の意味するところであります。
また学名がそのままに植物名なっているものもあります。
○ギンコ(Ginkgo biloba)
○シナモン(Cinnamomum verum)
○ジュニパー(juniperus communis) などなどなど・・・
このような内容はだいたいどこにでもある情報でたいていの人は
ご存知かもしれませんね。
だいたい、学名の二命名法では属名印象に残りやすいですし
覚える手段になりますね。
○ラベンダー(Lavandula officinalis)
○ローズマリー(Rosmarinus officinalis)
○マリーゴールド(カレンデュラ)(Calendula officinalis)
実はこの3つの共通点。もうお気づきですね。
そうこの二命名法の種小名にも大きな意味があるのです。
昔から香りの強い、あるいは薬効として用いられてきたことで有名な
3つのメディカルハーブの種小名の意味は
「officinalis」「薬局で売られる、薬用の」という
意味があるそうです。
やはりその通り、上記の3つにもうなづけます。(他にもあります)
学名を覚えることによって、化学成分的なアプローチとともに
古くから多くの人が薬草として利用してきた、安心して治癒に用いることができる、
そんな証明をしているような気がします。
まだまだ学名の種小名には形状のこと、科名のこと、特徴的なこと、
色のこと、産地のこと、などなど・・・・たくさんあります。
属名とあわせて覚えていくとハーブもとても楽しいですよ。
人気blogランキングへ



スポンサードリンク



4 Comments »

  1. 難しいけど、私は大好きです♪
    アロマの学術名も調べれば調べるほど面白く・・・蘊蓄っぽくって(笑)
    (覚えられるのとは別として;)
    ハーブも同じなんですよね!
    アンジェリカはまだよーく調べてなかったので、その蘊蓄(!)はメモさせて頂きました(笑)
    蘊蓄日記ブログっていうのしたら、覚えられるかなぁ~
    ・・・いや、大変そうだ(^^;

    コメント by あつ子 さん — 2005/12/15 @ 9:03 AM

  2. hanoenさん、ぜひぜひ、学名講座を少しずつなさってくださいね。そうね、3つぐらいずつ、更新していただけると嬉しいかも~
    薔薇、ハーブにはつき物の学術名ですけれど、やっぱり苦手です。
    しっかり覚えると、ますます楽しくなれそうです。

    コメント by viola0505 — 2005/12/15 @ 9:55 AM

  3. >ハーブも同じなんですよね!
    >アンジェリカはまだよーく調べてなかったので、その蘊蓄(!)はメモさせて頂きました(笑)
    >蘊蓄日記ブログっていうのしたら、覚えられるかなぁ~
    >・・・いや、大変そうだ(^^;

    コメント by Hanoen_2005 — 2005/12/15 @ 10:53 PM

  4. >hanoenさん、ぜひぜひ、学名講座を少しずつなさってくださいね。そうね、3つぐらいずつ、更新していただけると嬉しいかも~

    コメント by Hanoen_2005 — 2005/12/15 @ 10:54 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。