20070910 メディカルケァ-医療の現場で

インターネットエクスプローラーのバージョンを「7」に
してみたら、エライ調子悪くてイライラがつのっている今日この頃です。
今日は、雨の中ビッグサイトで行われている「Diet&Beauty2007」
行ってきました。
ダイエットはあまり興味ないのですが、美容と医療の結びつきに興味があり
今日は「医療・福祉の現場におけるエステティックケァの可能性」という
セミナーを聴講してきました。
講師はカネボウ化粧品のエステティックライフ研究所の島上さん。
内容は、欧米で行われている医療の現場でのエステティックケァの現状や
実際にそのケァの活動の歴史や臨床研究やエステシャンの役割。
医療の中でのエステティックケァがメンタル面でどういう効果があるのか
そういったことも大変興味がわきました。
以前のブログにも書いたけど、エステでのバイト経験は女性の心理的効果と
大きな結びつきがあることを知った大きなきっかけだったので
女性はとくに美容面からのアプローチは健康に大きなつながりがあると思ってます。
今回の事例は「外科的(形成外科)からの話ではありましたので
私が少しだけ参加している「メディカルボランティア(ハーブ)」には
すぐに実行できるものはなかったかな。
ただ、植皮をした患者さんが実際エステケァをうけてからの
皮膚の明度、日焼けの反応、拘縮の改善度、知覚の改善度や角質水分量の推移
など、データを見せていただくと様々な医療の現場での導入も、
そう遠くない話なのかなと思います。
ただ、施術自体は自然や植物素材で、ということではありませんでしたので
どんなスキンケァ商品を使ったのかな、という疑問も残りました。
でも何をつかったかというのは、そんなに重要でなくて
大事なのはスタッフと患者さんとの信頼関係をいかに築きあげていくか
がメンタルケアの効果にも重要ということでした。
今後の方向性への一歩にもなったかな。
ところで、見所というわけではないのですが
この展示会、結構いろいろな器具を試したりすることができます。
私は今日「骨の強度」を見てもらってきました。無料よ。
骨密度ってのは良くきくけど、「骨強度」を測ることができる機械で
手首を器具にあてて30秒くらいでわかっちゃうんだよね。
私がすごく自信がなかったのだけど、案の定、ABCDEで「E」でした。(涙)
Aが一番よくてEが一番悪いの。友人はBだった。
骨密度ってなんか足首を測るらしいけど、女性の場合ストッキングとか
はいてるし大変だけど、こうやって手首でさっと測れるってお手軽でいいね。
あと末梢神経の血流とかってのも測ったけど、これは「B」でした。ほっ。笑。
しかし、サプリメント、ダイエット食品、美容液、アロマ、ハーブ蒸し、サウナ。。
いろいろですよ。ほんと、いろいろです。いろいろ「ありすぎ」です。(^・^)
ダイエット&ビューティーフェアは12日まです。
人気blogランキングへ

この記事をシェアTweet about this on Twitter
Twitter
0Share on Facebook
Facebook
35Pin on Pinterest
Pinterest
0Share on Google+
Google+
0


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.