読書

Instagram updated
「代替医療のトリック」という本を読んでいます。
この中にナイチンゲールのことに触れられている部分があります。
昔、幼少の頃に両親が揃えてくれた60冊くらいの児童文学シリーズの中に、小公女、若草物語、ヘレンケラー、ナイチンゲールが、特に好きでよく読んでいたのを思い出しました。
その中でもナイチンゲールは好きで何度も読み返していましたが、こんな人物だったんだ、と。
ランプの貴婦人として知られているナイチンゲールは、看護師でありながら統計学にも長けていて、医療の功績の背景には統計に基礎付けられた徹底的な衛生改革をしたからなのだとか。
医療とか治療は目先の技術や薬剤に目を向けられがちですが、実は食や生活環境にも先に目をむけることも重要で、住む家や家族関係、その物質的なあるいは精神的な衛生状態によって治療効果が変わることを証明しているんですね。
そして衛生状態とともにあるのは、やっぱり「癒し」。ナイチンゲールは傷ついた戦士たちにとって癒しの存在であったそうです。
ハーブ療法も同じであって、ただ単に薬効のあるハーブを科学的根拠に基づいて使っても、その人がどんな環境にあるか、どんな生活をしているかで、そして癒しがあるかどうかで、効果が変わってくるんだろうなぁと考えました。
今、自分の置かれている環境から見直し心や身体を元気にしていきたいですね。

#代替医療のトリック #本#読書 #たまにはこういう本も #ナイチンゲール #違う視点 #休日の過ごし方



スポンサードリンク



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.