20070421 ハーブゴマージュ

今日は福祉村でのゴマージュ体験を実施しました。
ご参加いただいた皆さんありがとうございました。
最初に「皆さんゴマージュってご存知ですか?」と質問すると
全員知りませんでした。
私自身も初めて「ゴマージュ」という言葉を聞いたのは
化粧品会社在職中でした。
広報の一環で雑誌社が商品を使ってゴマージュの記事を掲載。
その記事を見たお客様がゴマージュを正しい知識でしなかったことから
肌にトラブルを起こしてしまい、会社に大クレームが入った経緯が
ありました。
当然ゴマージュって正しい知識と安全な素材を使ってやるべきもので
雑誌社が勝手に掲載した(広報なので掲載のことは会社は伝わってなかった)
とはいえ、肌のことって慎重にしないといけないと思い知らされました。
ところで書籍などでも「ゴマージュ」ってよく出てますよね。
手技のことですが、ハーブなどを使って肌の古い角質を除去したり
透明感のある明るい肌を保つ目的で行います。
私も飲まなくなったハーブをミルサーで、茶漉しでパウダーにして
たまにやりますよ。やったらやっただけ満足しています。
今日は皮膚がもつ自然治癒力ってところから話したのですが、
皮膚ってホントよく働いているな、って思います。感心!感心!
外界からの刺激を最初にうけるところでしょ。
わたし達の内部を守ってくれています。
だからこそ、一番ケァしてあげないといけないところだと思います。
皮膚のもつ力のひとつにビタミンD生成作用ってのがあります。
これは解剖の授業で使った教科書を振り返りました。汗~。
ビタミンDといっても紫外線にあたることでビタミンDの前駆体
(デビドロコレステロールっつうんだけどね、舌かみそうだ!)
これが、代謝経路に従って活性化ビタミンDになるわけだけど
間接的に腸管でのカルシウムの吸収を高めてくれるんですね。
この先もいろいろホルモンと関係して様々なことが(骨や腎臓で)
わたし達の体の中で繰り広げられているのですが
ようは、皮膚ひとつからだひとつ、すべてつながっているんだなぁと
テキストを作りながら、改めて感心しちゃいました。
手入れも勿論大事だけど肌にとっては何もしないのもありかなって思います。
こういう講座をしていると、これで美しくなる、とか
色白になるとか、なんだかそういうふうにとらわれがちなんだけど
本当は、わたし達はもともと持っている皮膚の力を信じて
そのチカラをサポートしていくのが大事なんだと思います。
あとは外側からだけでなく、中からのサポートも!ですよね。
ローズヒップやローズマリーなど飲用からのアプローチ。
気分にあわせて、体調にあわせて、自分自身を自然のもので
ケァしていく楽しさを伝えていきたいですね。
hukushimura
今日の福祉村の樹木はとてもキレイでした。
人気blogランキングへ



スポンサードリンク



4 Comments

  1. ほんとハーブって、自然の力を借りて、自然の力を呼び起こすって感じですね。
    hanoenさんの講座、いつか拝聴したいです☆

    Comment by メリーカラーズ(メリカ)♪ — 2007/04/22 @ 1:14 AM

  2. 以前、ちささんのカウプレで石けんやハーブパックなんかの詰め合わせを頂き、その時、そのつるつる感に感動しました^^
    ネトルと緑茶とカモミールだったかな・・・??(うるおぼえ)
    葉の園さんは、どんなハーブをお使いになったのでしょうか^^気になります・・・♪
    ゴマージュ体験、皆さん喜ばれたでしょうね♪

    Comment by ちびたろー♪ — 2007/04/22 @ 1:42 AM

  3. >ほんとハーブって、自然の力を借りて、自然の力を呼び起こすって感じですね。
    >hanoenさんの講座、いつか拝聴したいです☆

    Comment by Hanoen — 2007/04/23 @ 9:08 PM

  4. >葉の園さんは、どんなハーブをお使いになったのでしょうか^^気になります・・・♪
    >ゴマージュ体験、皆さん喜ばれたでしょうね♪

    Comment by Hanoen — 2007/04/23 @ 9:09 PM

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.