20050731 老犬問題 Vol1

2年前に虚勢と腫瘍の手術をしてから
ますます、失禁症状がひどくなってきました。
一時期良くなったのですが、今は何の療法もしていないせいか
お天気や気温にかかわらず、また、朝であろうと昼であろうと
夜であろうとそこらじゅうに尿や便をしてしまうように
なってしまいました。
母も父もこれには参ってしまって・・・・。
ここで怒ってしまうとかえってよくないのかなって思いつつ
そこで半信半疑ではありますが、有名なフラワーレメディを
使ってみることにします。
尿失禁のレメディ候補は
■ウォールナット、チェストナットバッド、オリーブ、アグリモニー
上記のいずれかをひとつひとつ試してみようと思います。
さらに
前回はスギナをハーブ療法に使用しましたが
尿管粘膜の強化を目的として
■ダンディライオン、ネトル、クリーバーズ、パセリ
こんな感じでマッサージを含めて様子をみながらやっていきます。
結果をまたご報告いたします。
参考:ペットのためのハーブ大百科



スポンサードリンク

この記事をシェアTweet about this on Twitter
Twitter
0Share on Facebook
Facebook
25Pin on Pinterest
Pinterest
0Share on Google+
Google+
0


2 Comments

  1. 老いていくというのはどうしようもない現実ですが、ちょっとでも和らげられたらいいですね。
    きっとわんちゃんもしたくてしているわけではないでしょうし。
    ストレス貯まりそうですね。
    きっと人間も同じだと思うので、心しておかないといけませんね。
    そういえばペットにもオムツがあるとか?
    それは使わないのですか?

    Comment by みさきのゑ — 2005/08/01 @ 8:36 AM

  2. >そういえばペットにもオムツがあるとか?
    >それは使わないのですか?

    Comment by Hanoen_2005 — 2005/08/02 @ 12:05 AM

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.