20080829 小幡有樹子さん-環境福祉とものづくりイベント

先日の20080821 ブログで、団体立ち上げのお知らせを
させていただき、知り合いの方々から応援の
メッセージをいただきました。ありがとうございました。
そのハーブとせっけん舎主催で、9月20日(土)大阪で
ものづくりの視点から環境資源、福祉について考える
ディスカッションイベントを開催することになりました。
昨年のレポートはこちら
このイベントは、福祉に携わる人、ものづくりを楽しむ人
どんな切り口からでも気軽に参加できるイベントです。
もちろん、今後何か福祉に関わってみたいと考えている方、
ものづくりを福祉に役立ててみたいと思っていた方など
たくさんの「思い」を秘めた方々が参加できるイベントでもあるのです。
実際に現場で働く人からの、現状や問題点、課題などの話もあれば
ものづくりをどう福祉に役立てるのか、企業が行っている事例なども
含めて、皆でアイデアや意見を出し合い話しあっていくものです。
特に手づくり石けんをこよなく愛する人たちは、横のつながりができた
ことで、様々な不安や葛藤を共有したり、アドバイスを分かち合い
大きな一歩を踏み出したと感想をいただきました。(昨年参加者の声から)
講師の「たおさん」こと小幡有樹子先生は来月NYからご帰国になり、
多忙のスケジュールから大阪まで来ていただき、アメリカでの石けん作り事情や
福祉での位置づけ、またアメリカでは福祉の中でどういった形で
活用されているのかなどの事例をお話いただくことになっています。
すでに、レジュメのたたきがあがってきていますが
内容を一足先に拝見させていただきまして、これは絶対皆さんの
石けんづくりになんらかの役にたつことと思います!
このイベントをきっかけに集まった方には
石けんWEBとしても様々なコンテンツにご登場いただくことも検討中。
ほか団体や企業さまからの講師紹介やアドバイザーとしての
ご紹介もどんどんさせていただけたらと思っています。
すでにお申し込みをいただいている方からのアンケートでは
「石けん作りを福祉に役立てたい」と考える人は、なんと100%でした。
皆、考えていること、願っていること、同じなんだという思いと
媒体をもつ担当者として、その願いをつなげる役割を担っていきたいと
強く思うようになりました。
福祉作業所へ1年間、制作サポートとして通った事例としてまとめたものを
野乃屋さんからお話していただくことになっています。
往復3時間。通って通って様々な出来事もありました。
障碍者とのふれあいや「教える」ことの難しさを痛感した一年でもありました。
作業所で働く方も、是非、お話を聞いていただると嬉しいです。
すでに半数以上はお席がうまっておりますが
まだまだ募集いたしておりますので、是非お近くの方はご参加ください。
お申し込み&詳細はこちらから!



2 Comments »

  1. はじめまして。
    9月20日のイベントに参加申し込みさせていただきました。
    お会いできるのを楽しみにしています。
    勝手ですがお気に入りに登録させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

    Comment by ミッチー3844 — 2008/09/06 @ 12:16 AM

  2. >はじめまして。
    >9月20日のイベントに参加申し込みさせていただきました。
    >お会いできるのを楽しみにしています。
    >勝手ですがお気に入りに登録させていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

    Comment by Hanoen — 2008/09/06 @ 12:28 AM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。