あれから、父。

久しぶりに父のこと。

80年代、90年代のjapanesepopsが好きで、スマホに録音してた谷村新司の「昴」を久しぶりに聞いて、父、この歌よく歌ってたなと思い出しました。

カラオケでなかなかの歌唱力を持ってた父は、今、まだなんとか生きています。まだ、という言い方はいけないのですが、癌をもちながら、痛みに耐えながら少しずつ大きくなる癌とともに、生きています。

食べることも好きで、歌うことも好きで、でも、今はその好きなことが思う通りにできなくなり、父の人生ってなんだろうなと考えます。

癌という病気は感情や意識と密接に関係するように思います。
これだけエネルギー医学という言葉が、どこでも聞くようになって、治療法のひとつにカウセリングの効果も認められるようになって、でもまだ父には「意識を変えていく大切さ」が届いていない。

昴、歌いたいだろうな、、、。

そんな風に考えると泣けてくる。
いっそ出ない声でも、歌ったら気持ちが変わるのではないかなと思ったりもする。

ああ、さんざめく名もなき星たちよ
せめて鮮やかにその身を終われよ

父はこの間こんなことを言っていました。
「最後に、何か言葉を言って終わりたいなぁ」

きっと大丈夫だよ。

娘たちはみんなで聞いてるよ。



スポンサードリンク



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.