20090727 社長はなぜ社長になれるのか。

今日はあるセミナーとうか講演を聞いてきたのですが
比較教育学(だったかな?)という分野での著名な先生の言葉が
心に残ったので書き留めておきたいと思います。
社長になった人はなぜ社長になれたのか
課長はなぜずっと課長で終わるのか
平の社員はなぜずっと平社員で終わるのか
つまり会社という組織の中で、社長になれる人と
課長職のままずっと課長のままで定年まで課長で終わる人
平社員の人でずっと平社員で終わる人もいる。
この違いな何なのでしょうか、という問いです。
この能力の違いは何なのかというのをアメリカの学者が
調べた結果、ある違いがわかったそうな。
これはちゃんと市場調査した結果でもあるので、
ほぼ信用できるそうなのですが、
つとめている仕事、職務の中で決定的に違うものがあるそうです。
ご存知の方は多いのでしょうけれど、私は「そうか!」という
なんかとっても大きな気付きをいただいたみたいで
普段の生活から心がけていけば、できることかなーなんて
思いました。いや、社長になりたいという意味ではないのですが。
ここを心がけると、業務遂行上とってもいい手段になるんですよね。
そして、それを達成するにはある種の訓練が必要で、ここは結構
プロセスが大事。結果はこのプロセスをもってついてくるものだと
感じました。しかも、これは時代が変わるにつれ進化するもの。
その変化を常にキャッチできるアンテナというか感度も必要です。
やっぱりある分野を深く研究している人、その分野に長けている人の
お話は、実になるね。
この答えはまた後でこっそり教えます♪



スポンサードリンク



2 Comments »

  1. 気になる。答え。

    Comment by runa2tomo — 2009/08/03 @ 10:49 PM

  2. >気になる。答え。

    Comment by Hanoen — 2009/08/04 @ 9:27 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

コメントを投稿するにはログインしてください。